【かに刺し家庭編】どっちで食べる?|フラワー、お刺身派!?

かに刺しを食べるならどっちがいい!?

 

エチ
かに刺しのフラワーポーション、お刺身ポーションって知っていますか?

 

かに刺しを食べる時、

フラワーポーションで食べるか、お刺身ポーションで食べる方法があります。

フラワーポーションとは、むき身の赤い薄皮を剥いで、花を開かせたようにして食べる方法です。
見た目が花が開いたように見えるため「フラワーポーション」と呼ばれています。

↓参考画像(フラワーポーション)

 

お刺身ポーションは、赤い薄皮を残した状態で食べる方法です。

お刺身ポーションとは、むき身、半むき身の状態などで販売されています
(殻を剥いた状態で販売されているもので、生で食べられるもの)

↓参考画像

 

現在、家庭用として販売されて主流なのが、「お刺身ポーション」の食べ方のようです。

 

以前は、「フラワーポーション」が主流だったようなのですが、
デメリットも多く、ネット通販で取り扱いのお店が少ないようです。

 

フラワーポーションのデメリットとは?

花を開かせたようなフラワーポーションは、デメリットが多いようです。

現在主流の、お刺身ポーションに比べて

  • 花が咲いたようになるまで、水につける時間が必要で、旨味が損なわれる
  • フラワーポーションの状態で冷凍⇒解凍した場合、解凍と一緒に旨味成分が損なわれる
  • 日持ちがせず、長期保存に向かない

などの理由からです。

 

そういった理由から、現在、「お刺身ポーション」の方が主流になっているようです。

 

まとめ

通販で購入する場合の主流は、『お刺身ポーション』なので、家庭で食べる場合は、
お刺身ポーションがいいかもしれません。

ただ、フラワーポーションで食べてみたい場合は、取り寄せた「お刺身ポーション」を使って
赤い薄い皮を剥いて、花を咲かせてみるのも面白いかもしれませんね。

 

結論としては、美味しいフラワーポーションが食べたい場合は、家庭ではなく旅館、専門店で食べてみてはいかがですか(^^

 

次の記事へ>>>【焼きかに】美味しい食べ方|『越前かに問屋ますよね』編

最新情報をチェックしよう!